TTLに設定した時間が過ぎてもDNSレコードの内容が反映しきるとは限らない

公開日: : 引っ越し

ツリー構造の図

windows でもmacでも、nslookupコマンドで以下の様にすると、TTLが切れる(次の更新までの時間がわかる)

nslookup ドメイン名 -debug

事象

DNSレコードをいじった後にTTLの更新時間が来て、ローカルPCで確認しても、いじったDNSレコードの値が反映されないことがありえる。

原因

なぜなら世界のDNSはツリー構造になっており、DNSレコードに設定した値が世界中のDNSサーバに伝搬(浸透)するまでに時間がかかる為。

最近では

体感では、TTLが3600(秒。=1時間)などに設定されていればほとんどの環境で1時間以内に値が反映されているように感じる。

レコードが正しく反映されているか、さっさと確認したい場合

DNSレコードを設定したドメインが登録されているNS(ネームサーバ)をローカルPCのDNSサーバに設定し、Webブラウザなどで確認するか、nslookupコマンドであれば

nslookup ドメイン オプション NSのアドレス

として叩いてみるといい。

常時早く更新されるようにしておきたい場合

上記のNSを直接指定する方法ほど早くないが、

最速のDNSの記事に書いたとおり、1.1.1.1や8.8.8.8を設定しておくと早い。

参考にしたサイト

WebARENA

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

no image

最速のDNSは129.250.35.250か1.1.1.1か

サイトお引越しなどでIPアドレスが変わるとき に、DNSレコードの変更が必ず必要になりますが、

記事を読む

x-logo

XSERVER DNSレコードにMXレコードが登録されてないメールサーバではWebメール確認できなかった

今、サーバの引っ越し(引越し先はXSERVER)をしている最中なのだけど、DNS切り替える前に自

記事を読む

hikkoshi-logo

名づけてねっとからXSERVERへの.jpドメイン移管 仕事でやるやり方まとめ

目的 自分や自社のものではなく、お客さんのドメインを移動させる。 サーバも引っ越す。ので、D

記事を読む

hikkoshi-logo

Webサーバー移転でハマったこと

.htaccessの記述をよく見よう! 何回かハマってる気がする。 引越し前のWebサーバに

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑