最速のDNSは129.250.35.250か1.1.1.1か

公開日: : サーバ, 引っ越し

サイトお引越しなどでIPアドレスが変わるとき

に、DNSレコードの変更が必ず必要になりますが、その際、Windowsならnslookupコマンドなどを利用して、切り替わったかの確認をすると思います。

 

Google先生が公開してる「8.8.8.8」と「8.8.4.4」

っていうDNSがありますが、自分のPCのDNSサーバをこのIPアドレスに設定してnslookup叩いてると、引っ越し対象のサーバのIP結果が古いIPになったり新しいIPになったりしてパタパタしまちゃいます。これは、Googleが裏でたくさんもってるDNSサーバのどれに着弾するかによって、反映されているDNSサーバと反映されていないDNSサーバがあるから。

 

ちなみにGoogle先生が裏でもってるDNSサーバは

173.194.38.64
173.194.38.78
173.194.38.72
173.194.38.66
173.194.38.68

など、他にもいっぱい。(外からもつながるから実際には「裏」っていう表現は正しくないけど)

反映が最速のDNSサーバ

調べたら以下2つが早いことがわかった。

  • NTT Americaさんが提供している129.250.35.250
  • APNICさんとcloudflareさんが提供している1.1.1.1

しかし、前者の「NTT Americaさんが提供している129.250.35.250」の方は、「Public DNS」ではない。勝手に使うのはいかんのです。

よって、「APNICさんとcloudflareさんが提供している1.1.1.1」を使って確認しましょう。

でもこっそり試してみたら2018年6月21日時点では「NTT Americaさんが提供している129.250.35.250」の方がちょっと早かったんだよね。。。(ボソッ)

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

no image

Linuxでファイルのフルパスを取得する方法

ワテの環境はCentos6です。   基本 カレントディレクトリ配下

記事を読む

no image

CentOSでサーバ構築する際に忘れがちなこと

久しぶりにやると忘れててちょっとハマったりして時間ロスになることがあるのでメモしておく。

記事を読む

hikkoshi-logo

Webサーバー移転でハマったこと

.htaccessの記述をよく見よう! 何回かハマってる気がする。 引越し前のWebサーバに

記事を読む

hikkoshi-logo

名づけてねっとからXSERVERへの.jpドメイン移管 仕事でやるやり方まとめ

目的 自分や自社のものではなく、お客さんのドメインを移動させる。 サーバも引っ越す。ので、D

記事を読む

no image

SSL秘密鍵で対応していないフォーマットって怒られる

WebARENAのLBにSSL秘密鍵を登録しようとしたら怒られた。 どうしよう!もうS

記事を読む

ツリー構造の図

TTLに設定した時間が過ぎてもDNSレコードの内容が反映しきるとは限らない

windows でもmacでも、nslookupコマンドで以下の様にすると、TTLが切れる(

記事を読む

x-logo

XSERVER DNSレコードにMXレコードが登録されてないメールサーバではWebメール確認できなかった

今、サーバの引っ越し(引越し先はXSERVER)をしている最中なのだけど、DNS切り替える前に自

記事を読む

no image

WordPress を IIS環境へ引っ越しする手順 – 環境構築編

WordPress を IIS環境へ引っ越しする手順についてメモ。 ちょと長くなりそうなので、

記事を読む

no image

LinuxにWindowsの共有DISKをマウントする

コマンド mount -t cifs -o username=administrator,pass

記事を読む

no image

sedの最短マッチ

GNUのsedコマンドです。 Contents 1 やり方 2 例

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑