docker-compose up したときに Unsupported config option for services.networks: ‘app_net’

公開日: : 最終更新日:2020/07/16 docker

事象

固定IPをコンテナに振ろうと思い、ここを参考に設定して

docker-compose up -d

した際に

Unsupported config option for services.networks: ‘app_net’

と出力され怒られた。

原因

ymlなのでインデントのやり方が悪かった。

誤ったインデント:


  networks:
    app_net:
      driver: bridge
      ipam:
       driver: default
       config:
         - subnet: 172.30.0.0/24
           gateway: 172.30.0.1


正しいインデント:


networks:
  app_net:
    driver: bridge
    ipam:
     driver: default
     config:
       - subnet: 172.30.0.0/24
         gateway: 172.30.0.1

の、


networks:

は、


service:

と同じ位置(インデントレベル)に書かないとだめ。

対策

インデントを2個左にずらした。

参考にしたサイト

github

ありがとうございました!

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

docker logo

docker-compose CentOSコンテナとかでResterting…にならんように常時起動にする

command: /sbin/init を記述する。 ↑↑の、最下部のやつ。

記事を読む

no image

serviceコマンドが使えないdockerコンテナ内のapacheを再起動したり

config test httpd -t apache再起動 httpd -k

記事を読む

no image

dockerにリビルドは無い

タイトルの通りです。 基本的にgitみたいに差分だけを当てるという概念ではないようです

記事を読む

dockerでnginx-proxy 使って502 Bad Gateway が出る原因

  環境 nginx-proxyは、jwilder/nginx-proxy

記事を読む

docker logo

CentOS7でdockerとdocker-composeをセットアップするメモ

  rootになる su - sudo コマンド って解説してるサイト多いです

記事を読む

no image

laradocでセットアップに失敗。他のnginxがポート掴んでた

事象 ERROR: for nginx Cannot start service nginx:

記事を読む

docker logo

Dockerでmariadb起動せず

事象 オンプレの本番環境に合わせるため、 CentOS7のコンテナにmariadbをyum

記事を読む

Dockerの公式WordPressで、ファイルアップロードの容量制限調整

  環境 今構築中の環境ではnginx-proxyをかましてやってるので(ng

記事を読む

docker logo

Dockerでイメージを保存(save)、読み込み(load)

イメージ保存コマンド docker save イメージ -o 保存ファイルパス.tar do

記事を読む

jwilder/nginx-proxy でサイトごとにBasic認証をかける

docker-compose.ymlでボリュームマウント   volumesに

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑