yum remove openssl CentOS7だと普通に消せるみたいっす。

公開日: : 最終更新日:2020/08/04 Linux

 

tux logo

hertBread騒ぎのときにはyumもlsも消えて大惨事になると騒がれていた
yum remove openssl。
CentOS7だとフトゥーに消せますね。



依存性を解決しました

============================================================================================================================================================================================================
 Package                                          アーキテクチャー                             バージョン                                             リポジトリー                                     容量
============================================================================================================================================================================================================
削除中:
 openssl                                          x86_64                                       1:1.0.2k-19.el7                                        @anaconda                                       814 k
依存性関連での削除をします:
 authconfig                                       x86_64                                       6.2.8-30.el7                                           @anaconda                                       2.2 M

トランザクションの要約
============================================================================================================================================================================================================
削除  1 パッケージ (+1 個の依存関係のパッケージ)

インストール容量: 3.0 M
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  削除中                  : authconfig-6.2.8-30.el7.x86_64                                                                                                                                              1/2
警告: /etc/sysconfig/authconfig は /etc/sysconfig/authconfig.rpmsave として保存されました。
  削除中                  : 1:openssl-1.0.2k-19.el7.x86_64                                                                                                                                              2/2
  検証中                  : 1:openssl-1.0.2k-19.el7.x86_64                                                                                                                                              1/2
  検証中                  : authconfig-6.2.8-30.el7.x86_64                                                                                                                                              2/2

削除しました:
  openssl.x86_64 1:1.0.2k-19.el7

依存性の削除をしました:
  authconfig.x86_64 0:6.2.8-30.el7

完了しました!

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

no image

ssh: connect to host あどれす port 22: Connection refused が出る原因

現時点での結論 サーバ側で、sshのセッションのプロセスをkillする or、

記事を読む

tux logo

Linuxで再帰的にファイルの内容を置換する

コマンド   Linuxの場合 grep -rl 置換前 . | xargs s

記事を読む

no image

SSHログインの際、WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!と表示されてログインできない

事象 接続したことがあるSSHサーバにIPアドレスや名前でSSH接続しようとしたら以下のような

記事を読む

tux logo

Linux コマンドライン上でpdfを読む

  pdftotextの導入 CentOS7のyumでインストールする場合は、以下

記事を読む

tux logo

chmod ファイルだけ、フォルダ(ディレクトリ)だけ 再帰的に

例えば、 カレントディレクトリ配下すべてに(再帰的に)同じパーミッションを反映させたいとき、

記事を読む

tux logo

[コピペ用] htpasswd作成コマンド

  コマンド htpasswd -c -b ファイルパス ユーザ名 パスワード

記事を読む

tux logo

make clean とは

  makeとは Makefileを読んでコンパイルしてくれるやつ。 make

記事を読む

tux logo

linuxで再帰的にftp DLするのはwgetでできる

コマンド ミラーする。 wget -m ftp://username:[email protected]

記事を読む

鍵

sshキー(鍵ペア)作り方 of Linuxコマンド

1. クライント端末でキーペア作成 ssh-keygen -t rsa -b 4096

記事を読む

tux logo

grep で行番号を表示させるオプションは、”n”

コマンド例 現在居るディレクトリ(カレントディレクトリ)配下のディレクトリを対象に、再帰的に「

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑