WordPressでソースコードを埋め込むならgist

公開日: : wordpress

ワードプレスのロゴ

prism.js使ってたが…

WordPressのプラグインでコードハイライトしていたが(Syntax Highlighter)重くて、数年前からprism.jsを利用していた。prism.jsはめちゃくちゃ素晴らしいけど、WPのエディタが。。。ソースコードをPasteするときにインデントが消えるとかしてくれちゃうのでいい方法ないかなーと調べたら、githubが提供してるサービスでgistてのがあるのを知った。

ブックマークしておくといい。

今の所、ウェブブラウザでWPのダッシュボードとgistの2つのタブを開かないと行けないけど、1回やってみたらなかなか快適だった。

やってる人多いかもだが、WPは

https://自分のサイト/wp-admin/post-new.php

をブックマークし、

gistについては

https://gist.github.com/

をブックマークしておくといい。

あとはWebブラウザのプラグインなりですぐ開けるようにしておくと快適。

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

ワードプレスのロゴ

WordPress構築時に忘れがちな、たった1つのhttps設定

はい、タイトルに書いたことが全てです。 WordPress アドレス、サイトアドレスを、htt

記事を読む

no image

WordPress Syntex Highlighter Evolved から Prism.jsに乗り換え

参考にしたサイト WordPressでシンタックスハイライトならPrism.jsが軽量&多機能

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressで画像追加するときに勝手に画像へのリンク張られるのをやめる設定

  デフォルトの設定を変える http://WordpressのURL

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WooCommerceの「お客様」データ削除手順

「お客様」メニュー WooCommerceの昔のバージョンだと無いメニューだったんだけど、

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPress 手動でプラグインインストール

手動でインストールする方法は2つある。 手動レベル1。zipファイルをWPのダッシュボードから

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressのadd_actionとdo_action、ついでにadd_filter

※注意 この記事は正確性にかけます。 add_action フィルターに関数を追加する

記事を読む

no image

wordpressのSyntaxHighlighter Evolvedでlanguageの種類一覧

WordPressで記事にコードを書く時にハイライトできる有名なプラグインSyntaxHig

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPress get_option() は、DBのoptionsテーブルから値を取得する

例 サイトURLを取得する場合 $str = get_option('siteurl');

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WP Mail SMTP で XSERVERのメール使うときの設定

  Auto TLS をオフにするのを忘れがち。 上図はオフにした図。デフォル

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressの自動バージョンアップは マイナーバージョン(3桁目)のみ行われる

  x.y.zの場合、自動アップデートされるのはzのバージョンだけという認識で合

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑