dockerのコンテナに作成したnfsサーバにマウントできない

公開日: : docker

事象

 

mount.nfs: access denied by server while mounting 192.168.0.55:/

dockerでnfsサーバのコンテナ作って、

nfs -t nfs 192.168.0.55:/ /mnt

とかしても、上記のエラーが出てマウントできない。

原因

nfsサーバコンテナで

df

たたくと、

FilesystemがOverlay

になっている。

 

 

対応

docker-compose.ymlで、

nfsサーバコンテナに

Volume指定してマウントしたらマウントできるようになった。

 

例:

volumes:
  - ./nfs7/home:/home

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

no image

serviceコマンドが使えないdockerコンテナ内のapacheを再起動したり

config test httpd -t apache再起動 httpd -k

記事を読む

docker logo

docerのPostgresql で restore

コンテナに入ってから su - postgres してから psql データベース名

記事を読む

docker logo

docker-compose up でERROR: Failed to Setup IP tables: Unable to enable SKIP DNAT rule: (iptables failed: iptables ~

ホストマシン環境 CentOS7 事象 docker-compose up -d したとき

記事を読む

no image

dockerにリビルドは無い

タイトルの通りです。 基本的にgitみたいに差分だけを当てるという概念ではないようです

記事を読む

docker logo

serviceコマンドが使えないdockerコンテナ内のapacheを再起動したり

httpdが入ったコンテナで実行する docker exec -it コンテナ 等で

記事を読む

docker-compose up したときに Unsupported config option for services.networks: ‘app_net’

事象 固定IPをコンテナに振ろうと思い、ここを参考に設定して docker-co

記事を読む

docker logo

docker-compose CentOSコンテナとかでResterting…にならんように常時起動にする

command: /sbin/init を記述する。 ↑↑の、最下部のやつ。

記事を読む

docker logo

Dockerでmariadb起動せず

事象 オンプレの本番環境に合わせるため、 CentOS7のコンテナにmariadbをyum

記事を読む

Dockerの公式WordPressで、ファイルアップロードの容量制限調整

  環境 今構築中の環境ではnginx-proxyをかましてやってるので(ng

記事を読む

jwilder/nginx-proxy でサイトごとにBasic認証をかける

docker-compose.ymlでボリュームマウント   volumesに

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑