PHP Fatal error: Uncaught –> Smarty: unable to write file

公開日: : Smarty

smarty

事象

ページが表示されん

原因

access log を見てみると、


PHP Fatal error: Uncaught --> Smarty: unable to write file

のメッセージが出力されてる。

Smartyのキャッシュが書き込めない。

さらに見てみると、書き込み権がなかった。

  • apacheの実行ユーザーがデフォルトの「daemon」
  • ディレクトリのオーナーがroot
  • ディレクトリのパーミッションが755

対応

対応方法としては、

  • apacheの設定(httpd.conf)で、実行ユーザーまたは実行グループを変える
    • ディレクトリのオーナーまたはグループも再帰的に上記に合わせる
  • ディレクトリのパーミッションを再帰的に変える
  • ディレクトリのオーナーを再帰的にdaemonにする

などが考えられるが、今回は、

  • ディレクトリのオーナーを再帰的にdaemonにする

を実行して解決した。


# chown -R daemon target_directory

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

smarty

Smarty assign

テンプレート実行時に変数渡す。 引数 変数, 値, スコープ 公式

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Googleアドセンスレスポンシブ

html5-logo
html5のsectionとarticleの使い方と順番

とりあえずこちらのイメージを参考にやっていこうかと思う。

vs
vscodeで現在開いているファイルのPathをコピーする

やり方 1. コマンドパレットを開いて、「copy path

php-logo
php =& イコールアンパサンド で参照渡し

意味 変数やオブジェクトなどを参照渡しする。 # 下記はど

php-logo
php5 varによる宣言

古い、人が作ったソース見てたらvarで変数宣言しているのがあって調

php-logo
php parent 親クラスのプロパティやメソッドにアクセスする

子クラスで使う すると親クラスのプロパティやメソッドにア

→もっと見る

PAGE TOP ↑