WordPressを日本語化する手順

公開日: : wordpress

WordPressのこと、WPと記載します。

 

うまくいかなかったやり方

WP 管理画面の設定>言語を日本後にすればOKと記載されているサイトがあったが、自分がやったらうまくいかんかった。

公式サイトにそってやったらうまくいった

WP日本版の公式サイトを見てみる

 

WP英語版と日本語版の違い

 

 

公式サイトには2017年10月23日現在、日本語版の差分ファイルとして以下が記載されている。

  • WordPress 本体日本語翻訳ファイルの同梱
  • 同梱テーマ・プラグイン日本語翻訳ファイルの同梱
  • WP Multibyte Patch プラグインの同梱
  • readme.html の日本語化
  • wp-config-sample.php の日本語化
  • version.php に $wp_local_package = ‘ja’; が付加されている

 

上記を踏まえて、具体的には以下を実施すれば良い。

まず上記サイトからwordpressをダウンロードしておく。
ファイル末尾が「-ja.zip」または「-ja.tar.gz」となっていれば日本語版。

ダウンロードした日本語版WPを解凍(展開)する。

  • 「/wp-content/languages/」 フォルダまるごと差し替え
  • WPの管理画面でWP Multibyte Patch が有効になっていることを確認。なってなければ有効にする
  • 「/wp-includes/version.php」 を編集し、最下行に「$wp_local_package = ‘ja’;」を追記する
  • 「/readme.html」 を差し替え
  • 「/wp-config-sample.php」 を差し替え

 

以上でござる。

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

ワードプレスのロゴ

本番で公開しているWordPressのコピーをDockerで作る際のポイント

基本 ファイルとDBのバックアップを取得する。 バックアッププラグイン(BackWPUpとか

記事を読む

ワードプレスのロゴ

wordpress で wp_dequeue_scriptやwp_dequeue_styleしてテーマのcssやjsを読み込まない

テーマが読み込んでるcssやjsを調査 functions.phpに以下を追記する。htmlの

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressでプラグインのバージョンを下げる

  やり方 プラグインをzipファイルで用意する。   古いプラグイ

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressを静的htmlから一部読み込む宣言3つ

記述場所 htmlファイルの最上部に <?php require_once('pa

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPressのフックを使ってカスタマイズする場合、子テーマでやること

add_actionやadd_filterなどの関数を使ってカスタマイズしたいとき、テーマ(テン

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPress get_option() は、DBのoptionsテーブルから値を取得する

例 サイトURLを取得する場合 $str = get_option('siteurl');

記事を読む

ワードプレスのロゴ

BackWPupでバックアップが失敗するのはBasic認証が原因かも

Basic認証かけてるとBackWPupでバックアップが失敗する。 Basic認証をか

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPress ページのスラッグを指定してパーマリンクを取得する

やり方 <a href="<?php echo get_permali

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WordPress構築時に忘れがちな、たった1つのhttps設定

はい、タイトルに書いたことが全てです。 WordPress アドレス、サイトアドレスを、htt

記事を読む

ワードプレスのロゴ

WP Mail SMTP で XSERVERのメール使うときの設定

  Auto TLS をオフにするのを忘れがち。 上図はオフにした図。デフォル

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑