ちょっと待った!XSERVER サーバ解約 その前にやると安全・安心なこと

公開日: : XSERVER

x-logo

 

先日、仕事でお客さんのサーバを解約する機会があった。そのときの手順を軽くメモ。

やりたいこと

サイトを閉鎖する。

  • ドメイン
  • サイトコンテンツ
  • SSL証明書

なども解約する。

 

サイト閉鎖のお知らせ

 

平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
こちらのサイトは0000年00月00日に閉鎖いたしました。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

 

みたいなのも表示しない。

 

手順

先にトップディレクトリをリネームする

 

まず、XSERVERのインフォパネルからファイルマネージャを開いて(ftpでもいいけど)、ドキュメントルートのTOPディレクトリのリネームを実施する。

xserver file manager

例)

変更前:example.com

変更後:example.com_

 

これやった瞬間にWebサイトにアクセスすると、「404 NotFound」となる。

これやっとけば、もし間違って別のサイトを消してしまった!ってなってもかんたんに且つ即時復旧できる。

 

サーバ解約実施

 

XSERVER公式手順 に従って実行する。

 

公式手順中にもあるが、「サーバパネル」からドメインを削除すること。

 

今回、

  • ドメインはプレゼントドメイン(無料)でサーバ契約に紐付いている
  • SSL証明書は無料のLet’s Encrypt

だったのでなにもせず放置する(というか何もできない)。

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

x-logo

XSERVER htmlでphpとSSIの共存は非推奨?

XSERVERによるSSIの利用方法 AddHandler server-parsed .

記事を読む

x-logo

XSERVERでhtmlファイルでphpを実行する.htaccessの記述

.htaccessに記述する内容 AddHandler fcgid-script .html

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Googleアドセンスレスポンシブ

tux logo
CentOS、サポートやめるってよ。。。代わりになるディストリビューションは

  ポイント CentOS8のサポートが202

tux logo
yum でセキュリティに関するアップデートのみ指定するオプションは、–security

  使い所 仕事など、サーバには安定をひたすら求める

break-destroy
HDD物理破壊 方法いろいろ

ハードディスク処分する際に中のデータを消したい場合。 データ書き

Windows10で ipsec vpn 設定後に更に必要になる設定 [自分用メモ]

完全に自分用メモです。   VPNの設定 &nbs

webp コマンド で 画像変換やリサイズ

webpとは Googleが開発した画像形式。 非可逆圧縮で圧

→もっと見る

PAGE TOP ↑