Webアクセシビリティ

スポンサーリンク
Webアクセシビリティ

H63: テーブルでscope 属性を使用する は、thが1行目と1列目の両方にあった場合は適用になる

H63の適用判断基準 thが1行目と1列目の両方にあった場合、適用 H63: データテーブルで見出しセルとデータセルを関連付けるために、scope 属性を使用する には、解説欄に以下の記述がある。 注記 1: 1 行目や 1...
Webアクセシビリティ

H39: テーブルにcaption 要素を使用するは、必ずしも適用しなくてもいい

caption要素とは caption要素とはtableに対して視認できる(目で見える)見出し。 H39の適用判断基準 caption要素が使われていれば、適用。 caption要素は必ず使う必要があるか? これについては、必ずし...
Webアクセシビリティ

SCR20: キーボードとその他のデバイス固有の機能を両方とも使用する 適用基準

適用基準 結論:キーボードとマウス両方のイベントを用意すること SCR20: キーボードとその他のデバイス固有の機能を両方とも使用する の解説には以下の記述がある。 この達成方法の目的は、イベントと関連付けられたスクリプト機能...
Webアクセシビリティ

tabindex属性を設定したらその他も設定しなければダメ?

Webアクセシビリティの試験をしている中で、WCAGか、htmlの規約で、 tabindex属性を設定した場合、同じページにある他の全ての要素にもtabindex属性を設定しなければならない みたいな記述を見た気がした。 でも探し...
Webアクセシビリティ

tabindex=0 tabindex=-1(負数)の違い

tabindex=0 tabindex=-1(負数)の違い MDNを見ると、tabindex=-1(負数)については以下の説明がされている。 負の数 (ふつう tabindex="-1") は、その要素がキーボードの順次ナビゲーショ...
Webアクセシビリティ

G192: 仕様に完全に準拠する は、適用しなくてもいい

G192: 仕様に完全に準拠する では以下のように書かれてる。 マークアップ言語がその仕様に完全に準拠していれば、4.1.1 のすべての要件が満たされる。つまり、仕様に完全に準拠することは、WCAG 2.0 に適合するために必要...
Webアクセシビリティ

G162: 関係性を最大限に予測できるようにするためにラベルを配置する 適用基準

G162を簡単に言うと ラジオボタンやチェックボックスならそれらの直後に、 textboxとかならそれらの直前に 視認できるラベル(テキスト)を置け。 ってやつ。 適用判断基準 視認できるラベル(テキスト)を含むフォームコン...
Webアクセシビリティ

ARIA9: 複数のテキストノードをつなげて一つのラベルにするために、aria-labelledby を使用する 適用基準

ARIA9を簡単に言うと ARIA9: 複数のテキストノードをつなげて一つのラベルにするために、aria-labelledby を使用する aria-labelledby で、ラベルを連結するってやつ。 例えば、 aria-la...
Webアクセシビリティ

G197: 一貫したラベル は、リンクや画像のaltも対象

適用基準 G197: 同じ機能を有するコンテンツに対して、一貫したラベル、名前 (name) 及びテキストによる代替を使用する は、リンクや画像のaltも対象になるので、殆どの場合適用になるはず。 同じ機能を提供するユーザイン...
Webアクセシビリティ

G61: 毎回同じ相対的順序で繰り返されるコンポーネントを提示する は、タイトルなども含む。

G61: 毎回同じ相対的順序で繰り返されるコンポーネントを提示する は、一見グロナビだけと思ってしまう方もいるかもしれんが、以下の記述がある。 あるウェブサイトでは各ページの先頭に、ロゴ、タイトル、検索フォーム、ナビゲーションバ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました