Webアクセシビリティ | ページ 2 | クズリーマンのカス備忘録

Webアクセシビリティ

スポンサーリンク
Webアクセシビリティ

miCheckerで「問題あり」と診断されたが問題なかったもの

miCheckerとはWebアクセシビリティ試験ツール。総務省さんが提供している。miCheckerのバージョン今回試験で試したmiChecker:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.3.0miCheckerで試験したら「問題...
Webアクセシビリティ

G140でimg要素にheight属性とwidth属性を指定しても不適合にならないか

G140とは平たく言うと、構造的な表現はHTMLで、表現的な表現はCSSでと分けろと言っている。img要素のheight属性とwidth属性は表現的なもののような気もしてくるが、こちらでも言及されているようにレンダリングシフト(画像読みこみ...
Webアクセシビリティ

WAICの実装チェックリストのダウンロード先

実装チェックリスト ダウンロード2023年10月30日現在、WAIC(Webアクセシビリティ基盤委員会)が提供してくれている実装チェックリストExcelは、以下からダウンロードできる。AA と Aでシートが分かれているため、ガチャンコしたり...
Webアクセシビリティ

達成基準 2.3.1 (3 回の閃光、又は閾値以下)は、必ず適用になる?

達成基準 2.3.1 (3 回の閃光、又は閾値以下)を満たすための達成方法、G19: どの 1 秒間においても、コンテンツに 3 回よりも多く閃光を放つコンポーネントがないことを確認するには、適用(対象)が以下のように記述されている。「あら...
Webアクセシビリティ

C6: 構造を示すマークアップに基づいてコンテンツを配置する は、
だけでなく
    も適用になると思われ

C6: 構造を示すマークアップに基づいてコンテンツを配置する について。 適用条件は? 上記WCAG C6の解説ページでは、例として<dl><dt><dd>のソースが扱われているが、<ul><li>であろうともcssで配置変更をしてい...
Webアクセシビリティ

G117 は、テキストのバリエーションのみで他のテキストと差別化しているものがあれば適用となる

G117: テキストの提示のバリエーションによって伝えている情報を伝達するために、テキストを使用するについて。これは、テキストの以下のような装飾で、周囲のテキストとの違いを表している場合に適用となる。つまり対応しなければならない。 取...
Webアクセシビリティ

G92で言っている「長い説明」とはaltとは限らない

G92: 非テキストコンテンツに対して、それと同じ目的を果たし、かつ同じ情報を示す長い説明を提供する について。 「解説」にはこうある。 この達成方法の目的は、短いテキストによる代替が十分ではないとき、もとの非テキストコンテンツと同じ目...
Webアクセシビリティ

H2: 同じリソースに対して隣接する画像とテキストリンクを結合する の適用要件

PDFへのリンクにつけられるアイコン画像等の場合 PDFのリンクについているアイコン。 これについて考察。 アイコンが、cssの場合 アイコンが、imgの場合 アイコンが、cssの場合 アイコンがcssの場合、適用外になる。...
Webアクセシビリティ

html4.01 のサイトで、navタグ使えないが、良いか

規格 WCAG2.0 目的 html4.01 で作られているWebサイトでアクセシビリティ対応がしたい 最も良い対応方法はhtml5(というか、HTML Living Standard)に対応させる。 だが、html4.01のま...
Webアクセシビリティ

1.4.5 文字画像使ったらアカン(ただし例外は除く)の達成方法

の達成方法って、SilverlightとPDFのを除くと以下3つが挙げられてる。 C22: テキストの視覚的提示を制御するために、CSS を使用する (CSS) C30: テキストを文字画像に置き換えるために CSS を利用し...
スポンサーリンク