dockerにリビルドは無い

タイトルの通りです。

基本的にgitみたいに差分だけを当てるという概念ではないようです。

docker-compose.yml内に、
build:
の指定をしていた場合で、
一度


docker-compose up -d

した後にDockerfileをいじり、その後に再度


docker-compose up -d

した際に、勝手に差分を検知してbuildしてくれるのかなーと思ったのですが、されませんでした。

docker-composeの場合で試した2パターン


docker-compose up

だと、ビルドされなかった。


docker-compose build

だと、ビルドされた。

最終的にはimageを削除して全部作り直そう

それが安全です。

参考にしたサイト

teratail

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました