WIndows 効率化 ! ショートカットファイルへのショートカットキーが再起動後に無効になる

ショートカットファイル選択して、

プロパティ → ショートカットタブ → ショートカットキー(K)

Ctrl + Alt + 任意のキー

を割り当てると、ショートカットキーでいろいろ呼び出せて便利!!

 

でも、Windowsを再起動すると、ショートカットキーを押しても反応しない。。。(泣)

ショートカットファイルのプロパティ上は

ショートカットキーの設定残ってるのに。。。

再起動のたびに再設定せなあかんやないかー(つд⊂)!!

解決しました。

同じ悩みを持つ方のために以下共有します。

結論

対象のショートカットファイルを置く場所は、

デスクトップか、スタートメニュー配下じゃないとダメらしい。

AppInit Dll とセキュアブート - Win32 apps
Windows 8 以降では、 \_ セキュアブートが有効になっている場合、AppInit dll インフラストラクチャは無効になっています。

 

注意点として、深い階層に置くと、再起動したあと無効になっちゃう。

どこならOKか、検証した結果が以下。

 

Windows8.1Pro 64bit と、

Windows10 Pro 64bit で試した。

 

デスクトップの場合

直下にショートカットファイルがないとダメ。

以下のイメージ。

  • デスクトップ\ショートカットファイル・・・OK
  • デスクトップ\任意のフォルダ\ショートカットファイル・・・NG

 

スタートメニュー配下の場合

スタートメニューフォルダ直下と、

その下にあるProgramsフォルダ直下が有効だった。

以下のイメージ。

  • スタートメニュー\ショートカットファイル・・・OK
  • スタートメニュー\プログラム\ショートカットファイル・・・OK
  • スタートメニュー\プログラム\各プログラムフォルダ\ショートカットファイル・・・NG

 

Windows8とWindows10のスタートメニューの場所

%HOMEPATH%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

%HOMEPATH%は、コマンドプロンプトの場合、立ち上げた直後にその場所がカレントディレクトリになってる。

 

→デフォルトだと、C:\Users\ユーザー名。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました