ワイルドカードのSSL証明書を代理店に依頼する前に知っといて

ある代理店でワイルドカードのSSL証明書(*.example.comみたいの)の発行を依頼するときに引っかかったことがあったからメモ。

CSR情報でCommon Nameを入力するところでは、アスタリスク(*)を付けた状態で申請する。

同じく、自分で作成する際のCSRもアスタリスク(*)を付けた状態で申請する。

 

o  *.example.com

x  example.com

 

てこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました