WebアクセシビリティのARIAとは

accessibility-logo Webアクセシビリティ

ARIA の達成方法 | WCAG 2.0 達成方法集

Accessible Rich Internet Application

の略。

 

さいしょに「アクセシブル」ときるので、アクセシビリティ用のものなんだなぁ。ということがわかりますね。

 

ARIAとは

WAI-ARIAにはコンテンツの役割を示すrole属性コンテンツの状態・性質を示すaria属性が定義されています。

WAI-ARIA(ウェイ エリア)とは?初めて制作する方向けに解説! – 東京のホームページ制作 / WEB制作会社 BRISK
アクセシビリティとは可能な限りの多くの人々が利用できるようにする状態のことを指します。 ウェブサイトで言えばスクリーンリーダーを利用している人や、モバイルデバイスで見る人、キーボード操作のみ行う方などすべての人が利用できるような状態です。

WAI-ARIAを構成するもの。コンテンツの状態・性質を示すのがaria属性であると。

役割はrole属性ね。

 

aria-●●●

の形式で指定する。

例)

  • aria-label
  • aria-labelledby
  • aria-expanded

 

 

role属性無しでもaria属性を指定することはできる。

 

WAI-ARIAの読み方は、ウェイ・エリア

W3Cと呼ばれるweb技術の標準化をしている非営利団体により、WAI-ARIA(ウェイ エリア)というものが定義されています。
このWAI-ARIA とは、目や耳の不自由な方達にもWebサイトが使いやすくなるよう考慮された、HTMLの補足的な仕様のことを言います。

このような、より多くの人にとっての使いやすさを「アクセシビリティ」と言います。

HTMLにrole属性を適切に設定することにより、読み上げ機能などが正しく動作するため、障害を持った方にとってのアクセシビリティが高まります。

WAI-ARIAの読み方は、

ウェイ・エリア らしい。

 

うぇいうぇ~い。

 

Webアクセシビリティ試験における、適用の判断基準:「なるべくつかうな」

実装チェックリストでテストしているときに

適用

とするか否か、

 

ARIAの技術を使っているかどうかによると思う。

 

 

では、

ARIAの技術はいつ使うべきか。

 

これは、MDNにて説明されている。

WAI-ARIAの基本 - ウェブ開発を学ぶ | MDN
前回の記事に続いて言えることですが、意味論的ではない HTML や JavaScript によって更新される動的なコンテンツを含むような、複雑な UI コントロールの作成は難しくなることがあります。 WAI-ARIA は、ブラウザーや支援技術が認識できるさらなる意味論を追加することによってそのような問題に対処し、ユーザ...

一点忘れてはいけないのが、WAI-ARIA は必要な場合のみ使用するという点です。 理想的には、スクリーンリーダーのユーザーの理解に必要となる意味論の提供は、常に ネイティブの HTML 機能  を使用して行うべきです。 しかし、コードの制御が限定されていたり、 HTML 要素への実装が容易ではない複雑なものを作っているなどの理由で、これが困難となるケースがあります。 そのような場合、 WAI-ARIA はアクセシビリティを向上させる上で価値のあるツールとなります。

もう一度言いますが、必要な時だけ使ってください!

使わなくていいなら使うなよ。と。

 

作戦:「なるべくつかうな」

ARIAはなんのために在るか

上記のMDNの説明を見ると、

ARIAは、スクリーンリーダーのためにあることが分かる。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました