大塚商会アルファメールプレミアへWordPressの移行

そもそも2022年8月1日現在の大塚商会アルファメールプレミアではphpのバージョンがWordPressの推奨バージョンに達していないので、WordPressを使用することは推奨できないわけだが。

政治的な理由で実施しなければならなくなったので、一応、手順をメモしておく。

大塚商会アルファメールプレミアへWordPressの移行の手順

全体の流れ。

  1. php と DBのバージョンを変更する
  2. DBを作成する
  3. 大塚商会アルファメールプレミアにWordPressを新規インストールする
  4. All-in-One WP Migration で移行する

 

1つずつ見ていく。

php と DBのバージョンを変更する

phpを7.2にバージョンアップする。

phpの選択肢に7.2がない場合、サーババージョンが1かも知れない。

その場合、サーババージョンを2に変更してからの実施となる。

※phpのバージョンを変更するときは、数分間Webサーバが停止するので、できれば予め関係者と調整しておくこと(僕がやったときは1分以内の断だった。というか断した瞬間を確認できぬ間に立ち上がってた)

 

DBについても、古いバージョンのMariaDBが選択されている場合、WordPressの推奨バージョンにあげておく。(MySQLでもええけども)

 

DBを作成する

  1. DBが停止している場合作成できないのでまず起動させる。
  2. 初めての場合、1つDBが作成されるのでパスワードを変更する。
  3. 初めてじゃない場合、1つDBを別途作成して、パスワードも設定する。

大塚商会アルファメールプレミアにWordPressを新規インストールする

大塚商会アルファメールプレミアへのWordPressインストール方法は、こちらに載っているのでこのとおりにやる。

完全に手動なやり方ですわ。

 

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationプラグイン使ったら楽。

大塚商会アルファメールプレミアで、All-in-One WP Migrationプラグインを使用する場合、エクスポートする場合は不具合があるが、今回はインポートだけなので関係なし。

 

ちなみに、インポートできる容量はデフォルトでは、200MBだった。

 

 

サブディレクトリにインストールしてWordPressコンテンツをDocumentRootで公開する場合、サイトアドレス (URL)を変更する

サイトアドレス (URL)

の設定が何故か、おかしかった。

Example Domain

でなければならないところ、

https://example.com/wordpress

になっていた。

 

その場合、以下のように修正する。

WordPressダッシュボード

設定 > 一般より、

サイトアドレス (URL)にある、

末尾の

/wp/

を取る。

 

「All-in-One WP Migration」では、無料では512MBまでインポートできる

2022年8月1日現在、「All-in-One WP Migration」では、無料では512MBまでインポートできる。

無料で512MBまで拡張できる追加プラグインが、本件のDLページから消えてたので、php.iniなどいじる必要がある。

 

「All-in-One WP Migration」で移行できない場合、手動で移行する必要がある

容量オーバーなどが原因で、「All-in-One WP Migration」で移行できない場合、手動で移行する必要がある。

 

phpMyAdminをインストール&セットアップ

大塚商会アルファメールプレミアでは、なんとびっくりDBをいじれる環境が用意されていない。

そのため、DBのDUMPリストアをするためには、phpMyAdminをインストール&セットアップしなければならない。もちろん。ファイル群をダウンロードして、設定ファイルをいじって、、、という手動作業が必要。

 

手順はこちら

 

ファイルを移行する

ファイルを手動で移行する。

DBのDUMPファイルを移行する

phpMyAdminを利用して、DBのDUMPファイルを移行する

ドメインを変更する

大塚商会アルファメールプレミアで、wp cli は使えないので、Search & Replaceを利用する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました