504 Gateway Timeout 原因

公開日: : Apache

504-logo

 

原因

500番台のエラーはサーバーエラーと呼ばれている。

504 GatewayTimeoutは、サーバーから一定時間内にレスポンスが返ってこない場合に発生する。

 

サーバーといっても、WebサーバだけでなくDNSサーバの場合も有り得るらしい

リクエストを完了するために必要なDNSなどのサーバからレスポンスを受信できなかった。

source

 

一定時間とは

ApacheやnginxなどのWebサーバーで設定された、「この時間内にレスポンス返せなかったらタイムアウトしていいよ」な値。

 

レスポンスとは

WebコンテンツをWebブラウザで見るときの処理は、ざっくり言うと以下の流れになっている

  1. Webブラウザから「ページを表示して!」の「リクエスト」を送る
  2. 「リクエスト」を受け取ったWebサーバは「レスポンス」を返す
  3. 「レスポンス」を受け取ったWebブラウザ上にWebコンテンツが表示される

 

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

apache logo

.htaccessや.htpasswd、個別にアクセス制限かけなくても良い(ただしデフォルト設定の場合に限る)

デフォルトでアクセス制限がかかっている ところで、この「.ht」から始まるファイルたちはA

記事を読む

apacheの羽根マーク

.htaccess mod_rewriteでhttps://wwwに統一する 【使い回せるやつ!】

  結論 よくあるやつ(使い回せない) URLを設置するサイトごとに変更しな

記事を読む

apache logo

ソースからインストールしたapacheでhttps(ssl)化

configureするときに指定しなければならない こちらで見ると、 --enable-ss

記事を読む

kyohi-picture

パーミッション変更したのに403 Forbiddenになるのは.htaccessが原因かも

事象 新しくWebサイト立ち上げたが、Webブラウザからサイトにアクセスしても「403 For

記事を読む

apache logo

.htaccess すべて自サイトのひとつのページにリダイレクトさせる

状況 サイト移転などを行い、古いサイトにアクセスされた際、どのページにアクセスされても、 「

記事を読む

apache logo

apache2.4 IncludeとIncludeOptionalの違い

  IncludeOptionalはIncludeと違い、指定したファイルやフォルダ

記事を読む

apacheの羽根マーク

apachectl ってなんなん?

コマンドではなくスクリプト 「どうせバイナリやろ?」と思て、テキストエディタで中身を確認したら

記事を読む

apache logo

.htpasswdファイルの解析(デコード)は無理。

できたような気がしてたが、勘違いだった base64でデコードしてやればいいみたいな記事を見た

記事を読む

apache logo

Invalid command ‘SSLCipherSuite’, perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

目的 Apache2.4を、SSLに対応させるよう、ソースからビルドしてインストールする。

記事を読む

apacheの羽根マーク

bin/httpd -k オプション

bin/httpdとは コマンド。apacheをソースからインストールした際は /usr

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑