Let’s Encrypt ApacheのVirtualHostでHTTPステータス500

公開日: : Apache

リナックスマークのペンギンさん

原因

新たなドメインの設定を

/etc/httpd/conf.d/

に用意したのにも関わらず、

証明書を用意していなかった(Let’s Encryptのcertbotしてなかった)為。

 

/etc/httpd/conf.d/配下のconfがIncludeされる順番は、

/etc/httpd/conf/httpd.confの中で、

Include conf.d/*.conf

と指定されていた場合、ASCIIコード順(ABC順)で読み込まれる模様。

そのため、新規追加してまだ証明書を取得していないドメインが一番最初に読み込まれ、後続で読み込まれるドメインにWebブラウザ経由でアクセスすると500エラーが発生していた。

対応

conf.d/ 配下のファイル名の冒頭にプレフィックスとして番号を付与した。

変更前:

hoge.com

fuga.com

sample..com

 

変更後:

1.hoge.com

2.fuga.com

3.sample..com

 

対応に寄与したポイント

httpd -S

というコマンドで、VirtualHostの解釈順を確認できたこと。

 

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

錠

Let’s Encrypt設定 Apache編

やり方   SSL/TLS証明書の作成 certbot certonly --w

記事を読む

apache logo

ソースからインストールしたapacheでhttps(ssl)化

configureするときに指定しなければならない こちらで見ると、 --enable-ss

記事を読む

apacheの羽根マーク

bin/httpd -k オプション

bin/httpdとは コマンド。apacheをソースからインストールした際は /usr

記事を読む

apache logo

apache2.4でDirectoryIndexが効かない…

事象 httpd.confに DirectoryIndex index.html index

記事を読む

apache logo

.htaccess すべて自サイトのひとつのページにリダイレクトさせる

状況 サイト移転などを行い、古いサイトにアクセスされた際、どのページにアクセスされても、 「

記事を読む

apache logo

apache2.4 IncludeとIncludeOptionalの違い

  IncludeOptionalはIncludeと違い、指定したファイルやフォルダ

記事を読む

apache logo

apacheのerror_logにAH01630: client denied by server configurationが出力されてた

事象 テストサイトを作るために本番環境からいろいろコピーしてApacheの環境を作成した。

記事を読む

apache logo

Invalid command ‘SSLCipherSuite’, perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

目的 Apache2.4を、SSLに対応させるよう、ソースからビルドしてインストールする。

記事を読む

apache logo

.htaccessや.htpasswd、個別にアクセス制限かけなくても良い(ただしデフォルト設定の場合に限る)

デフォルトでアクセス制限がかかっている ところで、この「.ht」から始まるファイルたちはA

記事を読む

504-logo

504 Gateway Timeout 原因

  原因 500番台のエラーはサーバーエラーと呼ばれている。 504 Gatew

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑