aptとapt-getどっち?→apt使えばOK

公開日: : Linux

ubuntu-logo

 

APT は巨大なプロジェクトで、当初の予定ではグラフィカルインターフェースを含んでいました。APT はライブラリに基づいており、そのライブラリにはコアアプリケーションが含まれています。
apt-get は最初のコマンドラインベースフロントエンドで、APT プロジェクト内で開発されました。
apt は APT から提供されているもう一つのコマンドラインベースフロントエンドで、apt-get の持っていた設計上のミスを克服しています。

なお、Ubuntuにおいては、バージョン14.04よりaptコマンドの使用が推奨されています。

 

パッケージ管理コマンド aptとapt-getの違い(qiita)

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

tux logo

一時的にrootで一般ユーザーの.bashrcを反映させる

  コマンド rootになってから、 source ~user_name/.ba

記事を読む

no image

SSHログインの際、WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!と表示されてログインできない

事象 接続したことがあるSSHサーバにIPアドレスや名前でSSH接続しようとしたら以下のような

記事を読む

tux logo

less で開いてる画面から指定した値を含む行を表示、含まない行を表示する方法

less して開いてるとき、わざわざ閉じて   grep 検索文字列 | less

記事を読む

tux logo

OpenSSL ソースからインストール

  インストール手順 qiita 古いOpenSSLをアンインスト

記事を読む

tux logo

HDD完全消去方法いろいろ(有料、無料、Linuxコマンド)

仕事でNSA方式(ランダムx2 と 0埋め)のデータ消去が必要になった。やり方色々調べたのでメモ

記事を読む

tux logo

bash: rsync: コマンドが見つかりません

事象 rsyncで、リモート先にファイルを転送しようとしたら以下のエラーが出力され

記事を読む

tux logo

make clean とは

  makeとは Makefileを読んでコンパイルしてくれるやつ。 make

記事を読む

no image

sudo 実行許可ユーザーの追加

コマンド visudo /etc/sudoers の編集になる。CentOS7であれ

記事を読む

tux logo

SSH 接続が、packet_write_wait: Connection to port 22: Broken pipe で切断される

  最新の結論 以下に色々と経緯を書いてますが、最新の結論としては、 クライアン

記事を読む

tux logo

~/.ssh/configにいつもの接続先を書いて楽をする

SSH接続頻度の高いサーバに毎回 $ ssh -i ~/.ssh/server.key use

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑