一時的にrootで一般ユーザーの.bashrcを反映させる

公開日: : 最終更新日:2020/08/04 Linux

 

tux logo

コマンド

rootになってから、

source ~user_name/.bashrc

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

tux logo

Linuxで再帰的にファイルの内容を置換する

コマンド   Linuxの場合 grep -rl 置換前 . | xargs s

記事を読む

tux logo

~/.ssh/configにいつもの接続先を書いて楽をする

SSH接続頻度の高いサーバに毎回 $ ssh -i ~/.ssh/server.key use

記事を読む

鍵

rsyncでSSHキー(鍵)を使って転送する

rsyncコマンドのeオプションを使う rsync -e 'ssh -i ~/.ssh/i

記事を読む

zip icon

zipコマンドでzipファイル作成 再帰的

やり方 zip -r zipファイル名.zip 圧縮対象のファイル達 例 zip -r h

記事を読む

no image

sudo 実行許可ユーザーの追加

コマンド visudo /etc/sudoers の編集になる。CentOS7であれ

記事を読む

CentOS7.6をバージョン指定して、ネットワークインストールする

インストールソースのURL インストールソースに、以下のURLを指定する。 http://v

記事を読む

no image

LinuxでNASマウントする際のポイント

  やり方 sudo mount -t cifs -o username=us

記事を読む

tux logo

Linux コマンドライン上でpdfを読む

  pdftotextの導入 CentOS7のyumでインストールする場合は、以下

記事を読む

tux logo

Linuxディレクトリ /opt

  /opt の役割 パッケージ管理ソフト以外でインストールしたディレクトリ構造を

記事を読む

tux logo

lessでscriptファイルを開いたときにESC[ を非表示にする

やり方 lessで該当ファイルを開いて、 -R 参考  

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑