OpenSSL ソースからインストール

公開日: : 最終更新日:2020/08/04 Linux

 

tux logo

インストール手順

qiita

  1. 古いOpenSSLをアンインストールする

     
    # yum -y remove openssl
    
  2. 必要なライブラリをyumでインストールする

     
    # yum -y install perl wget gcc gcc-arm-linux-gnu tcp_wrappers-devel
    
  3. tarファイルをダウンロードして展開する

     
    # cd /usr/local/src
    # wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.0h.tar.gz
    # tar -zxf openssl-1.1.0h.tar.gz
    
  4. 展開してできたフォルダに移動してビルドする

     
    # cd openssl-1.1.0h/
    # ./config --openssldir=/usr/local/ssl
    # make
    # make install
    

※こちらの記事では、rm -rf openssl-1.1.0f/ をやっているが、これやると make uninstallができなくなるので注意(やらんほうがいい) ※バージョンは変えること(最新のalpha版ではインストールできなかった)

 

openssl versionでエラー


[[email protected] openssl-1.1.0h]# openssl version
openssl: error while loading shared libraries: libssl.so.1.1: cannot open shared object file: No such file or directory

↑↑libssl.so.1.1にPathが通っていないため。

探す。

[[email protected] openssl-1.1.0h]# find /usr -name "libssl.so.1.1"
/usr/local/lib64/libssl.so.1.1
/usr/local/src/openssl-1.1.0h/libssl.so.1.1
[[email protected] openssl-1.1.0h]#

 

/usr/local/src/openssl-1.1.0h/にあるので、(※/usr/local/src/openssl-1.1.0h/libssl.so.1.1ではない!)

以下実行する。

 

[[email protected] openssl-1.1.0h]# echo "/usr/local/lib64" > /etc/ld.so.conf.d/lib64.conf
[[email protected] openssl-1.1.0h]# ldconfig -v
[[email protected] openssl-1.1.0h]# openssl version
OpenSSL 1.1.0h  27 Mar 2018
[[email protected] openssl-1.1.0h]#

※[[email protected] openssl-1.1.0h]# echo “/usr/local/lib64/libssl.so.1.1” > /etc/ld.so.conf.d/lib64.conf  ではない!

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

no image

ssh: connect to host あどれす port 22: Connection refused が出る原因

現時点での結論 サーバ側で、sshのセッションのプロセスをkillする or、

記事を読む

tux logo

crontab の場所

/var/spool/cron/配下にユーザー名毎に保存されている。   例えば、

記事を読む

tux logo

一時的にrootで一般ユーザーの.bashrcを反映させる

  コマンド rootになってから、 source ~user_name/.ba

記事を読む

tux logo

make clean とは

  makeとは Makefileを読んでコンパイルしてくれるやつ。 make

記事を読む

zip icon

zipコマンドでzipファイル作成 再帰的

やり方 zip -r zipファイル名.zip 圧縮対象のファイル達 例 zip -r h

記事を読む

tux logo

ubuntu の Live DVDでキーボードの配置をjis(日本語)にする

キーボードの配置をjis(日本語)にする場合 loadkeys jp 出典:HDDの完全消去

記事を読む

tux logo

curlでBasic認証がかかってるWebサイトにリクエストする

  curl -u オプションをつける -u の後にユーザー名:(コロンで区切る)

記事を読む

tux logo

同じ公開鍵を使って複数のユーザでログインできるようにする

  一言でいうと すでに公開鍵でSSHログインできるユーザが持ってる公開鍵を、新た

記事を読む

tux logo

lessでscriptファイルを開いたときにESC[ を非表示にする

やり方 lessで該当ファイルを開いて、 -R 参考  

記事を読む

tux logo

~/.ssh/configにいつもの接続先を書いて楽をする

SSH接続頻度の高いサーバに毎回 $ ssh -i ~/.ssh/server.key use

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Googleアドセンスレスポンシブ

Windows10で ipsec vpn 設定後に更に必要になる設定 [自分用メモ]

完全に自分用メモです。   VPNの設定 &nbs

webp コマンド で 画像変換やリサイズ

webpとは Googleが開発した画像形式。 非可逆圧縮で圧

tux logo
HDD完全消去方法いろいろ(有料、無料、Linuxコマンド)

仕事でNSA方式(ランダムx2 と 0埋め)のデータ消去が必要にな

tux logo
ubuntu の Live DVDでキーボードの配置をjis(日本語)にする

キーボードの配置をjis(日本語)にする場合 loadkeys

zip icon
zipコマンドでzipファイル作成 再帰的

やり方 zip -r zipファイル名.zip 圧縮対象のファイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑