サポート切れのCentOS6.9にPHP7.3、PHP7.4をインストールする

CentOS

 

yumで導入できるのは7.3まで

BaseリポジトリはPHP5.3しか取り扱っていない。

 

remiリポジトリでphp7.3までインストールすることができる。

php7.4は、無い。

 

CentOS6.9にPHP7.3をyumインストールするまでの手順

 

  1. Baseリポジトリを使えるようにする
  2. epelリポジトリ、remiリポジトリのインストール
  3. httpdのインストール(phpをインストールするのに必要)
  4. libeditのインストール(phpをインストールするのに必要)
  5. php7.3のインストール

 

の順で実施する。

以下詳細。

 

 

1.Baseリポジトリを使えるようにする

こちら見てね。

2.epelリポジトリ、remiリポジトリのインストール

epel:

wget https://archives.fedoraproject.org/pub/archive/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

 

rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

 

remi:

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

 

3.httpdのインストール(phpをインストールするのに必要)

yum install httpd

apache2.2 がインストールされるよ。

 

4.libeditのインストール(phpをインストールするのに必要)

 

libeditインストールしないでphp7.3をインストールしようとしたら以下のMSGが出て怒られた。

Error: Package: php-cli-7.3.25-1.el6.remi.x86_64 (remi-php73)
Requires: libedit.so.0()(64bit)

 

インストールするには、以下のコマンド。

yum --enablerepo=epel install libedit

参考

5.php7.3のインストール

yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php73 php

 

参考

 

CentOS6.9にPHP7.4をインストールするには、ソースからビルド

 

前述した通り、yumの主要なリポジトリ(remi含め)CentOS6.9にはPHP7.4が無いのでソースからビルドしてインストールする。

 

やり方

 

PHP公式から、PHP7.4の最新ビルドバージョンのソースゲット。

curl -O https://www.php.net/distributions/php-7.4.29.tar.gz

(最初、tar.xzをダウンロードしたが、CentOS6.9だと対応してなくて解凍できんかった)

 

参考

 

./configureの際のオプションで何が必要か、検討する必要がある。

./configure --help

で利用可能なオプションを見れる。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました