SSH 接続が、packet_write_wait: Connection to port 22: Broken pipe で切断される

公開日: : 最終更新日:2020/08/27 Linux

 

tux logo

最新の結論

以下に色々と経緯を書いてますが、最新の結論としては、

クライアント側で、

service network restart

を実施するのが現時点で最も手軽な解消方法。

事象

      1. 踏み台用のサーバにSSH接続する
  1. 踏み台用のサーバ上でtmux実行する
  2. 踏み台用のサーバ上のtmux上からサーバ2に接続する
  3. 1日の終わりに踏み台用のサーバでtmuxのdetachをする
  4. 翌朝、踏み台用のサーバーにSSH接続する
  5. 踏み台用のサーバーでtmux実行する
  6. Broken pipeが発生している

対応

クライアント側で対応

$ vim ~/.ssh/config

ServerAliveInterval 15
ServerAliveCountMax 10

サーバ側で対応

$ vim /etc/ssh/sshd_config

ClientAliveInterval 30
ClientAliveCountMax 5

qiita

上記設定した後は、sshdの再起動忘れずに。

service sshd restart

マシン再起動してみる

試しに、サーバ、クライアント共に再起動して様子見てみる。

後日追記

1回目追記…上述の「クライアント側で対応」だけだと、事象解消されなかった。

2回目追記…上述の「サーバ側で対応」をやっても事象解除されなかった。なんだろう、、、LAN内のマシン同士なんだけどなー

3回目追記…1度切れていたが、明らかに切れづらくなった

どっかのサイトで、「CPUがしょぼいから切れる」ってかいてあったとこあったけどそうなのかも。。クライアントもサーバもVMで一番下のCPUにしてあるから。。ただ、そのサイトは、上述のクライアント側で対応かサーバ側で対応と同等のことやったら解消されるって書いてたのでやはり違うか。。。

Googleアドセンスレスポンシブ

関連記事

鍵

sshキー(鍵ペア)作り方 of Linuxコマンド

1. クライント端末でキーペア作成 ssh-keygen -t rsa -b 4096

記事を読む

zip icon

zipコマンドでzipファイル作成 再帰的

やり方 zip -r zipファイル名.zip 圧縮対象のファイル達 例 zip -r h

記事を読む

tux logo

Linuxで再帰的にファイルの内容を置換する

コマンド   Linuxの場合 grep -rl 置換前 . | xargs s

記事を読む

tux logo

ubuntu の Live DVDでキーボードの配置をjis(日本語)にする

キーボードの配置をjis(日本語)にする場合 loadkeys jp 出典:HDDの完全消去

記事を読む

no image

SSHログインの際、WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!と表示されてログインできない

事象 接続したことがあるSSHサーバにIPアドレスや名前でSSH接続しようとしたら以下のような

記事を読む

tux logo

HDD完全消去方法いろいろ(有料、無料、Linuxコマンド)

仕事でNSA方式(ランダムx2 と 0埋め)のデータ消去が必要になった。やり方色々調べたのでメモ

記事を読む

tux logo

linuxで再帰的にftp DLするのはwgetでできる

コマンド ミラーする。 wget -m ftp://username:[email protected]

記事を読む

tux logo

~/.ssh/configにいつもの接続先を書いて楽をする

SSH接続頻度の高いサーバに毎回 $ ssh -i ~/.ssh/server.key use

記事を読む

tux logo

rsync –delete でファイルが消えない

事象 src/配下から無駄ファイル消して、dst/配下からも同じように消えてほしいときに、

記事を読む

tux logo

Linux コマンドライン上でpdfを読む

  pdftotextの導入 CentOS7のyumでインストールする場合は、以下

記事を読む

Googleアドセンスレスポンシブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑